東海岸にできたてホヤホヤ・ビーチタウン


それぞれに特色のある4つの市町が2005年4月に合併され、本島中部では最大規模の「うるま市」は誕生したばかり。地元であらたに仕事を得ることは難しいので移り住む人は少ないが、東海岸の風景に魅かれて、このエリアから沖縄市や北谷まで車で1時間ほどかけて通勤している移住者もいる。

旧・勝連町、与那城町は合併以前から「与勝地区」と呼ばれ、文化・風土や暮らす人間の気質までもが独特のムードを持っている場所。それは歴史的な民族意識ともつながっているとされていて、琉球時代に勝連城を築いた地元の歴史的人物「阿麻和利」の「肝高」(志が高い、心豊かなどの意味)という精神を、いまも受継いでいるためといわれている。地理的にはホワイトビーチなど米軍の軍港があったり、平安座島、伊計島などの離島とを橋で結ぶ「海中道路」の玄関口であったりと、ビーチタウンとしての顔も持っている。

海

旧・具志川地区は「沖縄市のベッドタウン」というポジション。特に市の南部地域は沖縄市の新興住宅地・美里地区や泡瀬地区と隣接していて、とある大規模なショッピング施設を擁する。そのため、生活面では便利だが道路事情は決していいとはいえない。沖縄市などの南部方面への通勤通学時には「クルマ社会沖縄」ならではの渋滞に悩まされることもしばしばだ。週末にフリーマーケットが開催されることでも知られる米軍施設「キャンプーコートニー」も、ここ具志川にある。
さらに北の旧・石川地区は沖縄市同様に古くからの外人住宅や、それに関連した米軍人相手のレストランなどが残っている。この点においては、さらに北の金武町などとも同じだ。その一方で畑なども多く残り、山イモやお茶などの農産物の産地としても知られる。また、大型スーパーのない恩納村から買物に来る場所という意外なポイントの地区でもある。


マンション経営に興味がある方はこちらをご覧下さい!
マンション経営のメリットや,物件情報などをぜひ知っておくことをお勧めします。マンションを購入し経営することには,現物資産や家賃収入があること以外にも,節税効果や,高利回りを実現するなどの普通の投資方法にはない優れた点が多くあります!

兵庫県南部の赤石海峡に面する明石市で賃貸物件を探してはいかがでしょうか。明石市は人口約30万人の都市で,南部は明石海峡に面しています。
在来線も特急も停車するため、神戸や大阪へのアクセスも良いですよ。
明石市は住宅街が広がっている穏やかな街なので,ファミリー層の方にもおすすめです。きっと素敵な賃貸物件が見つかりますよ。

新宿や池袋へのアクセスや、都内の移動がしやすい中野区。そんな中野区で築一戸建てを探してみませんか?都内でも移住先として人気のある中野区。エリア内にはアニメや漫画関係の商業施設が多く,休日や長期の休みはイベントもしています。エリア内には住宅街も多く,新築一戸建ても豊富。家探しをしている方,中野区にある新築一戸建てを調べてみませんか。