那覇への通勤圏ギリギリ境界


このふたつの村は、もともとは中城村というひとつの村だった。それが第二次世界大戦後、北部に米軍の施設ができたことにより南北に分断され、「北中城村」が誕生したという経緯がある。それが再び2005年9月に市町村合併になり、新しい「中城市」としてスタートを切ることになっている(同年4月現在)。

世界遺産の「中城城跡」があることでも知られるこの地域は、起伏にとんだ地形が特徴的でまとまった平地はほとんどない。住宅も傾斜地に建てられていることが多く、東海岸の海が見えるように建てられたアパートなども少なくない。また、国指定重要文化財の「中村家住宅」に代表されるような緑豊かで静かな生活環境の残る地区も多くあって、住環境としては悪くない場所である。北中城地域西側に米軍施設があるものの、それらは基地や滑走路ではなく、米軍総司令部や住宅施設なので、航空機の騒音に悩まされるような地区も少ない。また東側はすべて海に面していて、港湾地区もあれば海水浴のできるビーチもある。

街並み

現・中城村は「那覇から約17キロ」という地点なので、那覇へ通勤する人たちの「ギリギリ境界線」といえる地区でもある。特に中城村の南部側は西原町や宜野湾市と隣接していて、琉球大学や沖縄国際大学の学生たちが暮らす生活域とも重なる。そうした影響もあってか、この地域の国道329号線沿いの町並みは、隣町の西原町と一体化した感覚になっている。宜野湾市のようにスーパーやコンビニがあちこちにあるわけではないが、ショッピング施設「某ショッピングシティ」などもあるので買物に不便はない。一方、北中城村の北部は外人住宅なども多く、隣の沖縄市に融合する地域性といえる。地理的な理由もあり、このあたりになると那覇方面への通勤者はぐっと少数派になってくる。


兵庫県の川西市は北部を山が占めており,南部は住宅街と商業地が広がっています。大阪と兵庫の県境に位置しており、大阪,神戸のベッドタウンとしても発展しています。そんな川西市に暮らすなら、賃貸を選びませんか。物件数が豊富なためペット可や新築など希望の賃貸物件と出会えます。

徳島県鳴門市の人口は59,529人,世帯数は26,555世帯です。ここ徳島県の鳴門市は,自然を身近に感じられるのが魅力です。
程よく発展している鳴門市は自然も豊富ですし、住みやすいのでお引越しにおすすめ。特にお子さんがいるご家庭の移住先にはぴったりです。
鳴門市には賃貸物件が豊富で、ぜひこの機会に賃貸物件探しを行ってはいかがでしょうか。ご家族向けな物件であることはもちろんですが,単身者向けの賃貸情報も豊富で,一度物件探しを行ってはいかがでしょうか。快適な新しい生活をここから始めましょう。まずは希望条件から物件探しを行ってください。

初めての一人暮らしは,兵庫県の賃貸で始めませんか?大阪の近くにある兵庫県は,交通アクセスに優れているエリアです。市内には商業施設が多いので,生活の中で不自由を感じることもありません。駅沿いは中心に賃貸が密集していて,家賃相場もお安め。そんな兵庫県で,初めての賃貸生活を送ってみませんか?